■プロフィール

BigBenMD

Author:BigBenMD
NPO法人里豊夢わかさ 理事長
眠育アドバイザー養成講座 講師
㈱ウエストフィールド 契約社員
ネット安全・モラル学会 理事
国立若狭湾青少年自然の家 運営協議会委員
わかさカントリー倶楽部 ジュニア委員長
若狭子どもの生活リズム向上実行委員会 代表
福井県視聴覚教育研究協議会 理事

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
残務整理
午後から3時間にわたって毎日新聞社の取材を受けた。
教育欄で「眠育‥子どもの睡眠」について掲載するそうである。
26日の5年生授業の取材も受ける子となっている。

この教育欄は、先生方は結構見ているということで期待である。
教師が間違った睡眠知識をもっている限りは子どもたちの生活リズムを立て直すことに近づかないからである。

のとのの里の活動に参加している親からの相談の中に
「中学生になったら睡眠時間が短くなるから、6年生になったら睡眠時間を減らすように‥‥」と指導を担任から受けたと。
中学生になると睡眠時間は短くなることはあるが、6年生でその準備するとは、その科学的根拠を教えてほしいものである。

中一ギャップになる子どもたちは、小学校の睡眠の乱れ‥‥夜ふかし・短時間睡眠、土日の補充睡眠、不起訴な就床時刻などが環境の変化に対応できる力を奪い、崩れていく事実を全く知らずに指導されている。
つまり、自律神経のバランスが崩れたままの進学がネックであるに‥‥教師が不登校を作っていることにつながる。
実に嘆かわしいことである。

ある小学校で生活リズムが乱れている子どもの面談をしているとき、その子の父親が高校生の姉のことを心配して尋ねたてきた。
先ほどの小学校教諭と同様、
「‥‥睡眠時間をもっと削って勉強しなさい。昔から4当5落という言葉があるように、5時間も寝たら寝すぎ。眠いのを乗り切ってこそ受験勉強に勝つ。‥‥」と。
化石のような教師がまだ存在していることにただただあきれたものである。
睡眠と脳の関係を全く知らずにどれほどの子どもをこれまでダメにしてきたか、その罪は重い。
が本人は全く気付いていないであろう。
犠牲者は子どもである。

中学校で教科指導より、部活動指導に熱を入れている教諭がいる。
ろくに教材研究もせずに‥‥頭の中は部活・部活・部活‥‥である。
部員が少しでも遅れて参加すると雷を飛ばしてしかりつける。
部員すべてが、将来プロになるわけがないのである。
要は、自分の名誉のために生徒が道具として‥‥少し言い過ぎかも‥‥。

このような教師が、少しでも子どもにとって睡眠が如何に大切であるかを気付いてくれるだけ、中高の不登校は減少すると判断している。
おそらく言動は変わるであろう。

我が家の裏にある中学校の校長が、宿題の見直しを先生方に指示している。
どうしても必要であるか。
なぜ、宿題にしなくてはならないか。
校長のねらいは一つ、子どもたちの睡眠の確保である。

以上、一気に書いたが、記者が、帰り際に「先生方は、社会面などはあまり見ていないが、この教育欄だけはしっかり読んでいます」ということを聞かされて浮かんだことである。

今、社会問題となっているいじめや虐待、自殺など、それは結果であり、原因は大人の夜更かしであり、大人が作る子どもの夜更かし習慣であることを理解してほしいと思うし、睡眠確保のために行動してほしい。
夜ふかしによる明らかに未完成脳の若者が増えている。
その若者こそが睡眠犠牲の犠牲者である。

スポンサーサイト
未分類 | 23:54:29 | コメント(0)
PTAの底力‥‥マンパワー
これまでいろいろなところでPTA主催の講演会を行っているが、今回、PTAのパワーを見せつけられた。
多くは、段取り等は先生方が手分けして、初めの挨拶を会長が‥‥である。

高山市松倉中学校PTA主催の講演であるが、そのバイタリティーな行動力に驚きと感銘を受けた。
会場は、当初中学校体育館で行う予定であったが、「眠育」の必要性を理解していただいた島光PTA会長さんをはじめ10数名の実行委員の方々が、もっと多くの人に‥‥ということで文化会館の小ホール‥‥さらにグレードアップして大ホールにと‥‥。
音響・照明等は会館の専属業者にお願いされていたが、講演の看板は、松倉中学校卒業の高校生の書が、看板は工事現場の立て看板を利用して、と心のこもった手作りの会場であった。
文化会館等の経費工面と参加者確保のため、校下の小学校3校のPTAの協賛、まちづくり協議会等々への働きかけなど相当走り回られたそうである。

開演前には、リハーサルも行われており、役割分担の確認なども念入りに行われていた。
準備から運営まですべてPTAの実行委員で行われていた。

このマンパワーをぜひ高山市での眠育拡大にと思わずにいられなかった。
市の中心部に位置する中学校が動くことは他への影響も必ず出てくると思う。
「子どもたちにとって睡眠は大切だよね」という口伝えだけでも相当な力となると確信している。

中学生を年頭にお話をさせてもらったが小学生も参加してくれていた。
話をしっかり聞いてくれているのが分かった。

〈講演でお世話になった方々‥‥一部〉
始めて高山市へ呼んでいただいた宮川先生が会場の真正面に座しておられた。
国分中でお世話になり、久々野中でもお世話になっている。
現在、高山市教育委員会に勤務されているが、眠育の必要性をいろいろなところで話しておられる。

今回の講演の発起人は、牛丸教頭先生である。
昨年国分小・中学校講演に声を掛けてくれた先生である。
先生も眠育の話を高山市内で行っておられる。

最もお世話になったのが土師主幹である。
熱い先生で、大学院で行動学の研究もされている。
送迎をはじめいろいろご配慮をいただいた。
重い荷物を何度も持ち運んでもらい、帰る際には、電車の車内まで‥‥最後まで温かく見送っていただいた。
僅か2日間であったが、昔馴染みの知人のような感じを持って接していた。
高山市のこともいろいろ教えていただいた。

島光PTA会長は、バイタリティのある方で良きリーダーであるが、若狭町と少なからず関係がある。
弟さんが若狭町のかみなか農楽舎におれるという。
これには驚かされたが、そのせいもあり親しみを持って接していただいた。

また‥‥という言葉を信じて、会いたい方々であった。
本日面談した生徒とも11月、会う約束をしているため、成長した姿をぜひ見たいと思っている。

子どもの生活リズム向上 | 22:36:22 | コメント(0)
芋煮とお蕎麦
のとのの里で芋煮をという要望があったことを以前紹介したが、ぜひ実施したいと考えている。
山形県教委の先生方からいろいろ情報を得た。

郷土料理として名物であるが、食材として里いも、こんにゃく、豚肉(牛肉)が主なもので、家庭によっては油あげやキノコ、ゴボウなどが入るらしい。
鉄則は、こんにゃくは手でちぎって入れることとなっているそうである。
これはどの先生も同様で、味がしみこみやすいためであろうと‥‥。
朝、ホテルの朝食にも芋煮が出てきたが、間違いなくこんにゃくはちぎられていた。

好みがあるかもしれないが、私にとっては先生方といただいた芋煮がおいしかった。

翌日の昼食は、次の講演の間を利用して例のごとく、お蕎麦屋さんに連れて行ってもらった。
創業慶応4年という老舗中の老舗である。
予約を入れておいてもらったため、即席につくことができ、おいしくいただいた。
久しぶりにおいしいお蕎麦にであった。
山形県はお蕎麦の産地だそうで、車窓からは白い花をつけたそば畑を何度も見た。

先生方がこれは県内のどこどこ産の〇〇で‥‥おいしいでしょう‥‥珍しいでしょうと必ず語り掛けてくる。
お米にしても‥‥。
郷土愛が半端でない。
熱く語られる姿が一番印象に残っている。
実に雰囲気の良いお食事会であった。

未分類 | 00:43:11 | コメント(0)
山形新幹線
何かが違う山形新幹線。
昨日は、社内で講演の内容の吟味をしていたためさほど気にしていなかったが、本日新たに分かったことがあった。

新幹線とは言うもののローカル線を使用しているため2シート2列‥‥指定席がA~D
平地を走るため、普通の特急と勘違いしてしまう。
すれ違い電車待ちのため途中、無人駅で停車‥‥一部複線でない箇所がある。
複線部分を走るとスピードが出て、大きく揺れパソコンのキーがうまく打てない。
カーソルが目的の場所に行かない。
米沢駅から先は各駅停車並みで小さな駅に停車。
敦賀駅よりも小規模の駅でローカル電車が隣のホームに停車している。

大宮から北陸新幹線に乗るとその違いが判る。
パソコンの仕事が10倍近くアップする‥‥揺れが極端に小さい‥‥東海道新幹線よりもはるかに揺れは小さい。
大宮から富山まで長野に停車だけで1時間20分ほど(かがやき)

長旅は老体にはこたえるが、再来週また山形県まで出かけことになっている。
できるだけ仕事を持ち込まずに出かけることだと考えている。

未分類 | 23:50:42 | コメント(0)
何とか山形に到着
台風一過というところですが、皆さんいかがでしたでしょうか。
まさか‥‥若狭湾直撃になるとは‥‥。

叩きつきける雨風になかなか寝付けず。
それより気になっていたことが山形へ行けるかどうかである。
夜の情報では翌朝の金沢行きの「サンダーバード」も「しらさぎ」も不通となっている。

いろいろ対策を考え、最終的に京都まででて、大宮か仙台へと予定を立てていた。
そこから10時開演の講演に間に合わせる段取りである。

朝起きてネットで調べてみると、小浜線は相変わらず不通。
北陸線と北陸新幹線は平常運転と出ていた。

ただ、山形新幹線が倒木により遅れが出ている情報も書かれていた。
一時はどうなることか、取り止めまで考えていたが、当初の予定通りで動けることを感謝である。

ただ、睡眠不足で頭も体も重い。
寝過ごすことが心配で電車で寝ることはできない。

ただ、東北地方は本日も大荒れで倒木により電車の遅れが目立つ。
秋田新幹線の「こまち」は、2時間以上遅れていた。
山形駅にわずか6分の遅れで到着できたのは実にありがたい。

今まで山形名物をいただいてきた。
念願の芋煮もいただいいた。
山形牛、村上のジュンサイ、青菜、だし奴と地域の食材を美味しくいただいた。
ご馳走様でした。
明日、山形のお蕎麦がいただけるそうで、これも楽しみである。

これから明日の講演内容作成作業に取り掛かるが、なんとか乗り切れそう。

子どもの生活リズム向上 | 20:45:15 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad