FC2ブログ
 
■プロフィール

BigBenMD

Author:BigBenMD
NPO法人里豊夢わかさ 理事長
日本眠育推進協議会理事
眠育アドバイザー養成講座 講師
国立若狭湾青少年自然の家 運営協議会委員
わかさカントリー倶楽部 ジュニア委員長
若狭子どもの生活リズム向上実行委員会 代表
福井県視聴覚教育研究協議会 理事

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
原因追及
夜中に一度も痛みで起きることなく朝を迎えることが出来た。
歩いてみても膝の痛みは残っているが、股関節に違和感がない。

大津の整体師も従業員も我がことのように回復を喜んでくれた。
治療後、いろいろ話を聞いていると今回の痛みに原因が徐々に明らかになってきた。
第一の原因は、長時間のデスクワークで椅子に座っていることである。
それに追い打ちをかけたのが、運動不足である。
さらに付け加えられたのがスクワットである。
つまづくなどのトラブルを避けるため、痛いのを我慢して行ったスロースクワット
ワンセイット20回を1日3セット、忠実に実施していた。
週3日が理想といわれていたが、毎日行っていたのが負担を与えたようである。

整体師の話によると、これは避けられないことであるが、加齢により、股関節を支える筋力が低下していることも‥‥。
筋力が低下すると、股関節や骨盤が不安定になり、ずれてしまうそうである。
これが一番の原因かもしれない。

さらに本で調べてみると、
「‥‥股関節や骨盤、背骨が不安定なままでは、体を支えたり動かしたりすることがうまくできなくなってしまいますので、脳は股関節や骨盤周囲、腰などの筋肉に指令を出し、緊張を増すことで体を支えようとします。それが長期間続いているうちに筋肉の過緊張や血行不良をおこし、トリガーポイント(発痛点)が生じ、腰から脚にかけて強い痛みやしびれなどをおこす‥‥。」と。
納得!ズバリこれである。

では、再発を防ぐ方法はないか?
暫くは、絶対に前屈は避けるべきと。

無理をせずに徐々に歩いて、慣らしていこうと考えている。

未分類 | 23:50:11 | コメント(0)
立ったままのデスクワーク
立っているか、横になっているかの生活は非常に疲れる。
座るのは食事とトイレのときだけ。

立ったままのパソコン作業は、腰や股関節への負担が大きい。
1時間程度と予定していたが、とても持たない。
せいぜい30~40分程度で、机の前を離れて動いている。
かかとの上下運動をしたり、痛みが強いと横になり、足を伸ばし回復を待つ。

こんな生活ではあるが、これまで座りぱなしデスクワークと比較すると体にはとて良い現象が起こっている。
血流が良くなるのか、靴下の痕がつかなくなってきた。
指で押すとへっこんだままで戻らなかった下肢のむくみがなくなっている。

股関節や腰が良くなっても時々は立った状態でデスクワークをと考えている。
もう少し安定したら、キーボードやディスプレイの適切な高さ見つけ、環境を整えたい。
現時点では軽いボックスの活用を考えている。

未分類 | 20:25:30 | コメント(0)
本日から仕事始め?
IMG_3629_202002212352045b6.jpg

暫くの間であると思うが、立ったままでパソコン操作ができる環境に整え、本日から本格的な作業開始。

この2月中に睡眠調査結果に対する個々への評価・指導コメントと確定申告、セブン・イレブン記念財団の活動報告書作成、品川での講演の資料作成とパワーポイント作成などを仕上げる必要がある。
予想外の体調異変で全く手付かず状態であったため、追い込まれている。

まず、溜まっていたメールによる問い合わせの返事と睡眠調査票の評価・コメント記入作業に入った。

午前中はスムーズに進んでいたが、午後からの作業に入るとキーを押しても全く反応しなくなった。
キーボードのいろいろなキーをたたいても文字が画面に出てこない。
キーボードが壊れているかもと思い、止められている階段をゆっくり上り、上のパソコンにキーボードをつないでみると正常に働く。
キーボードは壊れていないことが分かった。

接続が悪いのかもと何度も試すが一向に機能してくれない。
すっかり疲れて一寝をし、夕方、再度いろいろ試すが全くダメ。

既に夕方6時、勤務時間を過ぎているが小浜市内にあるパソコン関係の会社に勤めている知人にSOS発信。
原因をいくつか調べてきてくれるというありがたい言葉。
30分後、訪ねてきてくれ、状況を確認後、キーボードの再設定を行い、再起動すると正常な働きが戻った。
その間10分もかからずである。
機器音痴にとっては実にありがたく、感謝である。
ちなみにその知人は、次男坊の同級生で、気さくで頼りがいのある方である。

夕食後、立ったまま作業を続けているが、これも重労働で、右足の痛みが増し、1時間と持たない。
騙し騙しでも、早急に処理していきたい。

大津の整体へは月曜日にと考えていたが休日で、火曜日まで、、立って作業できる状態が維持してくれることを願う。

未分類 | 23:58:59 | コメント(0)
新しい仕事のスタイル
IMG_6755.jpg

本日の治療は、12時10分がら1時55分まで。
痛みをとることを第一に治療してもらった。
寝ても疼きのため、1時間ほどしか持たない。
お陰でこの4日間で2.5kgも体重が減ってしまった。
とにかく、ぐっすり寝たい。

治療してもらっては、歩いて痛みの場所の確認をし、治療を行うの繰り返しで、いろいろな道具を使って治療してもらった。
お陰で立っている時の痛みがなくなった。
歩いても歩幅は半分にもいかないが10歩ほどは痛みなく歩けるようになった。
大きな喜びである。
まだ、階段は禁止、椅子に座る時間は極力短くする、寝るときは膝を伸ばして寝るなど、制限はあるが、一応、自分のやりたいことはなんとかできそうである。

帰り際に、車を運転すると、まず座る。そしてアクセル、ブレーキを踏むたびに右足を動かす。そのたびにはめ込んだ股関節がズレるということを教えてもらい。できるだけ足を曲げないように、座る時間も極力短くするようにと注意された。
姿勢よく立っていることが、今の私の股関節にはとても大切であるとも。

実は、日曜日の福井市の整体では、おそらくヘルニアがつぶれている可能性が大であり、早急に整形外科で診断してもらうことを勧められ、手術もありと‥‥この言葉がずっと重くのしかかっていた。
どうやらそこまでいっていないようで、しばらくは股関節を包み込む筋肉・筋の強化を図ることとなった。
ヘルニアと狭窄症の治療は、その後となった。

帰ってから早速取り組んだのが、立ったまま仕事をするために、書類を入れているレターケースボックスを利用してパソコンで作業することとした。
残念ながら目が悪いため、明日、何かボックスを探して新たに仕事環境をと考えている。

未分類 | 00:55:36 | コメント(0)
最悪の状況
土曜日、足の調子が良く、動き回ったことと裏庭の草取りを行ったのが原因か、日曜日の朝から
右足を下につけることが出来ない。
触ると激痛が走り、なかなか痛みが引かない
さらに太腿の疼きが強くなり筋を引っ張るようで膝を曲げる疼く。
どんな姿勢をとっても痛みは和らがない。
無理やりお願いしてみてもらった。
けど、足の置き場がないほどで痛みは取れない。

月曜日、大津市のいつもの整体へ。
その場では歩けるまでになったが、家に到着するころには元の状態。
食欲も全くなく、続けて行くだけの体力もないため2日間寝床で過ごした。
特に椅子に座っておれないため、パソコンにも触れず。

今、寝床でノートパソコンに打ち込んでいるが横向きで、片手で打っているため時間がかかる。
明日もう一度う、大津へ行って治療してもらおうと考えている。
何とか普通に歩きたい。

未分類 | 22:53:49 | コメント(0)
次のページ