■プロフィール

BigBenMD

Author:BigBenMD
NPO法人里豊夢わかさ 理事長
眠育アドバイザー養成講座 講師
㈱ウエストフィールド 契約社員
ネット安全・モラル学会 理事
国立若狭湾青少年自然の家 運営協議会委員
わかさカントリー倶楽部 ジュニア委員長
若狭子どもの生活リズム向上実行委員会 代表
福井県視聴覚教育研究協議会 理事

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
交通トラブル
今、霧島市。
今回も何かあるだろうなと半信半疑の旅である。

予想に反せず、電車が風で遅れ、新大阪駅下車後、リムジンバス乗り場へ向かったが、目の前のバスが発車していった。

乗車切符を購入し20分待ち。
ようやくバスの乗車。
出発前のアナウンスで高速道路までの道が工事中で渋滞しているため変更して走るという一般泥を左折・右折を繰り返し、度々に信号に引っ掛かり空港へ。

昼食時間に十分な余裕をもってスケジュールを立てたが、その時間も無くなり、搭乗手続きの時間までも余裕なし。

搭乗口を進んでいくとバスが待っており、はなればところまで移動。
そこにはプロペラ機が待機。
あいにくつばの上、そのエンジン音に悩まされながらのフライトである。

着陸態勢に入ったころから暗雲が‥‥その中を進むと大きく揺れ、ストンと落ちるときも‥‥。
お陰で早くついたのかも。
到着後激しい雨に見舞われた。

雨の予報はなかったのに‥‥ということで北陸から雨雲を持ってきたようである。
帰りが心配である。


スポンサーサイト
未分類 | 14:03:45 | コメント(0)
夏の憩いの活動
本日、曇り一時雨の中で里豊夢わかさの「夏の憩い」の活動を行った。
新しく3家族が加わり、次回から参加人数で悩むことが解消されるかもしれない。
大いに期待している。

明日の霧島市で行われる講演準備に追われているさなかである。
写真を見る時間もなく、ネットにアップも遅れそう。

いつものことながら段取りが悪く、申し訳ないです。
もう一頑張りします。

里山自然体験活動 | 23:24:26 | コメント(0)
のとのの里へ
IMG_1786.jpg

朝から中務氏と玉井氏が明日の準備をしてくれていた。
竹を切り出し、節をとって‥‥流しソーメンの準備中である。
お礼のため、お昼時に顔を出したが、風はなく、ムッとする暑さの中での作業となっていた。

夜、中村氏からのメッセージも入り、参加人数が32名と3名増となっていた。
実は、誰が参加してくれるのかは知らないため、明日のお楽しみとなっている。

IMG_1791.jpg

気になっていた栗の実は、4つだけ実をつけていた。
あれほど多く花を付けていたが、‥‥期待外れである。

IMG_1789.jpg

ツチアケビは、毒々しい感じの赤い実をつけていた。
秋には食べてみようかな‥‥と思っていたが、この色を見るとその気は失せてしまった。

私の講演準備作業が全く捗らなく、焦っているがどうしようもない。
明日の準備も‥‥と考えると気が散ってしまい、集中力がダウンしている。
まだ、24・25日の3講演の半分の準備も終えていない。
今晩どこまでできるかで、明日、食い逃げとなるか最後まで居ることができるかが決まる。

里山自然体験活動 | 23:28:43 | コメント(0)
猛暑の中の発掘作業
23日に行われる「のとのの里」の活動準備が明日行われる。

中務氏と玉井氏が流しソーメンの竹をと竹カップの竹を切り出し、準備してくれるという。
できれば草刈りの環境整備も‥‥ということでも、有難く、申し訳なく思っている。

私が置かれている今の状況では、明日動けそうもない。
明日まで引き延ばした3箇所の講演会配布資料を仕上げなくてはならない。
9時過ぎから取り掛かったがエネルギーが切れた。
国土緑化推進の事業完了報告書を何日か前から手掛けていたため、先延ばしとなったものである。

この猛暑の中、中務氏は新幹線敦賀駅予定地で作業をしているというから心配である。
弥生時代の遺跡発掘調査作業だそうで、地面を慎重に削りながら遺物を探し出すという実に根気のいる作業である。
外に出ただけで、目まいしそうな猛暑の中である。

本日、講演のために車を走らせていただけでも、フロントガラスを通して当たる太陽の光にハンドルを握る腕が焼けるようにヒリヒリしてくる。
この強い光の下での作業は、体に相当堪えると思う。

「良く寝ているから大丈夫。」‥‥声は若い。
でも心配であるから、そのことを言うと、かつて行っていた工場の仕事に近々戻るということである。

お互い、年齢的には無理のできない体であることは間違いない。
気にはなっていてなかなか連絡できなかったが、一安心である。

明日、お世話になります。
里豊夢わかさの活動はこのようして維持されている。
心底、感謝である。

未分類 | 23:49:20 | コメント(0)
チャンバラごっこ
IMG_1764.jpg

IMG_1765.jpg

昔よくやったよね~‥‥という人は少ないかもしれない。
私はよくやった方である。
遊びといえば、このチャンバラごっこか戦争ごっこを思い出す。

山に入るとまず杉の木の枝を手にする。
刀のように反っているのが理想である。

そして、いざ対決‥‥といっても叩くことはしない。
相手の枝を払い除け、体に枝を当てて軽く切るように引く。
切られたほうはいかに上手に倒れるかである。
ここで演技力が問われる。

これは、おそらく映画の影響である。
年に、2~3回ぐらいだっただろうか、小学校の講堂で映画が上映された。
あのフイルムを回す音が何と言えない思い出である。

殆どが娯楽映画で時代劇は、よく覚えている。
例えば嵐寛寿郎の鞍馬天狗とか‥‥。

子どもたちの無邪気に遊んでいる姿を見て、昔を思い出し、懐かしんでいた。

今回で、6月の体験活動の紹介を終えます。
明日から夏休み。
解放感に浸ることなく、自己管理能力をしっかり高めてくれることを願っている。

今年の夏は、昨年に増して猛暑の予想。
豊岡が本日37度越え。
今月末と来月豊岡市とその隣の養父市を訪れるが、少々気が重たくなってきた。
電車では不便であるが、車はもっと疲れるかも‥‥。
重い大きな荷物を持って移動するのが重労働である。

明日から主に夏季休業を利用した職員研修がスタートする。
こちらは休みどころか、ラッシュ状態である。
お盆休みが待ち遠しくなってきた。
それと涼しい秋風が恋しい。

里山自然体験活動 | 21:53:33 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad