FC2ブログ
 
■プロフィール

BigBenMD

Author:BigBenMD
NPO法人里豊夢わかさ 理事長
眠育アドバイザー養成講座 講師
㈱ウエストフィールド 契約社員
ネット安全・モラル学会 理事
国立若狭湾青少年自然の家 運営協議会委員
わかさカントリー倶楽部 ジュニア委員長
若狭子どもの生活リズム向上実行委員会 代表
福井県視聴覚教育研究協議会 理事

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
さつま芋の収穫
恐ろしい瞬間である。
昨年は人の顔ほどある芋がたくさん収穫できたが、試験的に掘った今年の芋が指よりやや長めで、やや太いものであった。
子どもたちがっかりする顔を想像すると‥‥。

IMG_3643-001.jpg

現実に、その顔が‥‥掘り出した小さな芋にショック?
手にしているツルに指の太さとそう変わらないサイズのサツマイモがくっついている。
お判りいただけたでしょうか、‥‥今年の収穫を物語っているようである。

実際、収穫の半数以上がこの大きさで、昨年度は、収穫することはなかった代物である。

IMG_1737_201810192030494fb.jpg

何とか、奥の方に進むと昨年とは比較にならないがサツマイモの名に恥じない芋が出てきた。
掘り出した芋を手に表情が一変。

表情豊かな朱里ちゃん‥‥役者である。

スポンサーサイト
里山自然体験活動 | 20:47:51 | コメント(0)
さつま芋の収穫
里豊夢わかさの誇れるところは、小さい子の面倒をは、指示は全くなく誰かがごく自然に行っていることである。
つまり、他の人とうまく関われる力‥‥「社会性」・「思いやり」などといった、今、社会が求めている非認知能力が高いということである。

IMG_3619.jpg

IMG_3630.jpg

IMG_3642.jpg

さらに付け加えると、子どもたちはお節介を焼いているのではないことある。
自分ができたという満足感、充実感は奪わないように気を配っている。
これって素晴らしいことなのですね。
体験活動であるから、自分が失敗してでもやらなければ意味がない。

これは親の姿勢に伺えることで、手出し、口出しがほとんどない。
子どもの主体性を阻害することは極力避けている点‥‥一歩下がって子どもの活動をみている。
これも素晴らしい。

IMG_3636.jpg

このようにして、コミュニケーションが生まれ、育っていく。
のとのの里に来た時、何をするにも「いや」といってたゆまちゃんが、積極的に活動に参加している。

このような子どもたちと一日過ごせることが幸せである。


どうも体調が思わしくなく、昨日は内科へ。
風邪の診断を受けた。
そして、本日泌尿器科へ。
2週間前から自己診断で膀胱炎らしく、尿が白く濁って、排尿時の痛みが取れない。
自己診断通り膀胱炎で再発である。
朝の早いうちに診察を受け、講演へ。

もう一つ厄介なのが耳鳴りである。
いつ起こるかわからない実に厄介なことである。
昨夜は8時過ぎからその症状が始まり、2時になっても3時になっても鼓を打つような音を出している。
原因は、これも自己診断で内耳炎か中耳炎?
これも2週間前までは痛みはなかったが、耳の奥の痛みが出てきている。
膀胱炎が治まってから診察を受けようと思うが、前回の診断では、医師からはっきりした原因がわからないということで先に進みそうもない。

医師の言葉は、老化が最大の原因であろうと。
自分の判断は、明らかに免疫力の低下であり、自律神経の乱れが原因であると考えている。
実に厄介なものを背負ってかろうじて生きていることに間違いがない。

里山自然体験活動 | 00:15:28 | コメント(0)
焼きあがったパン
子どもたちの気持ちのこもったハロウィンパンの出来上がりである。

IMG_3748.jpg

IMG_3700.jpg

IMG_3707.jpg

IMG_3729.jpg

IMG_3761.jpg

IMG_3762.jpg

IMG_3763.jpg

IMG_3706.jpg

最後のパンの小さいのは2歳のゆまちゃんが台の上で転がしながら細く伸ばして作った力作である。

里山自然体験活動 | 21:28:14 | コメント(0)
こだわりのハロウィンパン
何も言うことはない。
いくつか子どもたちのこだわりのパンを紹介。
以下、二次発酵前のパンである。

IMG_3723.jpg

IMG_3722.jpg

IMG_3721.jpg

IMG_3680.jpg

凝りに凝ったハロウィンパンである。

<体験活動参加申込数> 
 本日小学生4名、親2名の参加申込がありました。
 合計、子ども5名 親4名 となりました。
 ご協力ありがとうございます。

里山自然体験活動 | 23:07:16 | コメント(0)
ハロウィンパン作り
IMG_3598.jpg

今回のリパン作りーダーの二人。
超ベテランであるため実に手際がよい。
ドライイースト、お湯、塩、オリーブオイル‥‥投入量・投入時間等すべてお任せである。

生地作りで、パンプキンペーストと粉末緑茶のど力を子どもたちが選んで混ぜることとした。
このパンプキンペーストは、中村さん手作りである。
冷凍ペースト購入をお願いしていたが、お忙しい作っていただいた。

一つミスをしたことは、粉末緑茶とパンプキンペーストを使用する場合のお湯の量を調整することを伝えていなかった。
そのため粉末緑茶を使った子のパン生地は固く、お湯の追加が必要となり、パンプキンペーストを使用した生地作りは、逆に柔らかく手にくっついて練ることができなかった。
そのため予備の小麦粉を加えたが、全て使い切っても不足。
第二弾に使用するパン生地用の粉を使用せざるを得なかった。

IMG_3669.jpg

京都市から参加してくれた里山初デビューの2歳のゆまちゃん、夢中に取り組んでくれていた。
お隣のあっちゃんも何度も何度もこねて遊んでいた。

この時期からの体験は脳への刺激が強い。
おそらく二人ともたくさんのシナプスを作ったことであろう。
将来が楽しみな幼児二人である。

<写真のアップ>
 写真のアップが遅れます。
 枚数が600枚近くあるため、整理してアップすることとなります。
 明日から3連荘で講演が入っていますのでその後の整理となります。
 来週の頭には何とかしたいと考えていますが、トムソーヤ企画実績報告書も気になっていますので‥‥。

<次回の参加申込者数>
 現在3名の参加申し込みをいただいています。
 できるだけご都合をつけてご参加いただけるとありがたいです。
 早めにいただけるとありがたいです。

<次回の昼食>
① ピザを作ります。
  いつものように、トッピング材料をお願いします。
② 竹飯ごうごはんと豚汁を作ります。
  子どもたちのアンコールに応えて、竹で飯ごうを作り、ご飯を炊きます。
  今回の豚汁が盛況で、これもアンコールに応えて連続ですが実施します。
③ 能登野集落の特産品、白ネギを使います。
  昨年度並みに購入して、昼食時にいただきます。
  焼きネギはとろける美味しさです。
  今回は、みんなにいきわたるようにしたいと考えています。

 楽しみにしておいてください。

里山自然体験活動 | 21:01:32 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad