■プロフィール

BigBenMD

Author:BigBenMD
NPO法人里豊夢わかさ 理事長
眠育アドバイザー養成講座 講師
㈱ウエストフィールド 契約社員
ネット安全・モラル学会 理事
国立若狭湾青少年自然の家 運営協議会委員
わかさカントリー倶楽部 ジュニア委員長
若狭子どもの生活リズム向上実行委員会 代表
福井県視聴覚教育研究協議会 理事

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■カウンター

■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
眠育:大人が作る子どもの夜ふかし習慣
25日の講演会準備真っ最中。

テーマは、~大人が作る子どもの夜ふかし習慣~「こんなにも大切 子どもの睡眠」である。
一般対象であるため、どのような方が参加されるの全くかわからない。
分かっているのは、主催者以外では、メールで近々県内で行う講演会はないか訪ねてきた方だけである。

講演でぜひ分かっていただきたいことがたくさんあり、1時間半では収めきれないため時間がかかっている。
生体リズムが形成されていく幼児期のこと、睡眠意識の低さが原因のトラブル、睡眠と脳の関係、睡眠負債の蓄積、メディア依存、保・小・中・地域の連携‥‥どれも大切で、どの内容をカットすべきかが決められない。

講演で取り組みやすいのは、対象者が明確であること。
話す内容が限定で絞り込みやすいし、訴えることもできる。

今回は、講演内容について要望もない。
忙しさにかまけて、問い合わせも何も行っていなかった結果である。
昨日ようやく、プロジェクターやホワイトボート等の準備について伝えた。

また、出たとこ勝負となりそう。

スポンサーサイト
子どもの生活リズム向上 | 00:49:56 | コメント(0)
雪解けが待ち遠しい
何かに振り回されているようにガムシャラな日々を送っているが、少し余裕が出てくると自分を見つめ直したいと考えるようになってきた。
走れるだけ走って、キュー、バタン‥‥が自分らしい生き様であると考えているが、果たしてそれでよいのかという迷いも出てきた。

自然体験活動も眠育も今の姿勢でよいのかという疑念も生まれている。
子どもたちの将来のためと自負しているところがあり、どことなく独りよがりのところが見え隠れしているように思う。
思いや悩みを受け入れるだけの余裕を持って臨んでいるのか‥‥疑問符が付く。

こんな時は「のとのの里」で自然に浸って時を過ごすに限る。
里山の雪解けが待ち遠しい。

未分類 | 00:49:13 | コメント(0)
最後の講演準備が進まない
冬季オリンピックにさほど関心をいだいていなかったが、朝食時のテレビで日本人活躍が何度も紹介されているのを見るとそちらに気が向き、仕事が捗らない。
よく楽しんで‥‥という選手の発言を聞くが、見ていて戦っているという印象が強く、感銘を受ける。
今晩もカーリング女子と女子パシュートに‥‥。

3月は、完全冬眠‥‥充電期間としているため25日が今年度最後の講演会である。
その資料を作成し、本日中に送付と連絡していたが、未完成である。
全く気が乗ってこない。
交感神経が高ぶっているようである。

先日の豊岡市で行った眠育サークルの研修会もそうであった。
男子フィギュアスケートの演技に興奮し、準備不足のまま当日を迎えてしまった。

本日は諦め、明日の午前中に仕上げて送付したいと考えている。
お許しのメールを入れて‥‥。

未分類 | 00:41:34 | コメント(0)
雪のカベ
豪雪以来初めて福井市へ行ったが、その爪痕をいたるところで見た。

高速道路もところどころ片側規制で除雪を行っている。
高く積み上げられ壁になった雪が温かさで崩れ落ちて走行車線に広がっているところもある。

市内に入ると行き交う車の中に雪を摘んだダンプ―と何度も出会う。
駐車場には雪の山が。
5m以上積み上げたとか‥‥。
放置されていた車を掘り出すのにも相当な労力がかかったようである。

走行中、一番怖いのは脇道から車が出てくることである。
雪のカベて見通しが効かないため、不意に出てくる。
確認するためにはそうせざるを得ないが、事故に繋がらないことを祈る。

住宅地でも除雪作業の人を見るが、手が回らなかったのか車の上の雪がそのままに積まれているところもある。
まだまだ普段の生活に戻るのも時間がかかりそうである。

来週から気温が上がるということで、雪解けが期待できそうである。

未分類 | 22:52:49 | コメント(0)
偏る講演‥‥②
次年度のことであるが、悩んでいることがある。

岐阜県郡上市の2か所から講演依頼が入っている。
郡上市八幡町と郡上市高鷲(たかす)町の2か所から入っている。
同じ市内でもその距離が30km以上離れている。

交通の便が非常に悪く、昨年高鷲町を訪れた際は、北陸新幹線で富山まで行き、高山線で高山市に入り高山市内で宿泊し、高山市まで送り迎えしてもらった。
その距離60km、高速道路を使って1時間以上。
2往復してもらい、大きな負担をかけてしまった。

次年度は、できれば郡上市内で宿泊をと考えている。
問題は、この2回の交通手段である。

電車を利用すると郡上市へは、敦賀駅から岐阜駅、美濃太田駅、郡上八幡駅が妥当なところである。
美濃太田駅からは長良川鉄道を利用して、のんびりと‥‥ただ、1時間以上ローカル電車で行くのは抵抗がある。
高鷲町まではさらに問題である。

名古屋から高速バス利用も選択肢の一つであるが、トイレが近いものにとって長時間のバス移動は苦痛である。
車を利用すると、大野市を通るルートも関ヶ原を通るルートも3時間以上かかる。

現在入っている講演で最も気がかりなところである。

子どもの生活リズム向上 | 00:50:45 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad